90s

ビートたけしが死にかけたバイク事故「当時はうつ状態だった」

世界的人気の映画監督「世界のキタノ」としても名を馳せるビートたけし。バラエティや情報番組でも未だ第一線で活躍中だが、かつて芸能活動存続が危ぶまれたことがあった。
1度目は1986年の「フライデー襲撃事件」。2度目は1994年のあの大事故だ。

事故現場は血の川!即死でもおかしくなかった大事故


1994年8月2日午前1時40分ごろ、ビートたけしは東京都新宿区の安鎮坂付近をスクーターで運転中、カーブを曲がりきれずガードレールの鉄柱に激突してしまう。4メートルも吹っ飛ばされて頭を強打し大出血、意識不明のまま東京医大病院に救急搬送となった。

翌日の東スポ1面には現場の写真が掲載されたが、その煽り文は「事故現場は血の川」というショッキングなもの。正式な診断結果は右側頭部頭蓋骨陥没骨折、脳挫傷、右頬骨複雑骨折で全治1ヶ月の重症。
後にたけし自身が語ったように、「普通なら即死、よくて植物状態」という大事故だった。59日間の入院期間を経て無事退院となったが、その退院時の会見で世間はさらに驚くことになるのだった……。

衝撃だった顔面マヒ姿での毒舌記者会見


1994年9月27日の退院会見に臨んだたけしの姿に報道陣は絶句した。目の焦点は合わず、口元は大きく歪んだ重度の顔面マヒ状態だったのである。
「治らなかったら、芸名を顔面マヒナスターズにします」
「(事故は)軍団がブレーキに仕掛けしたんじゃないかと思ってるんだ」
「頭に入っているボルトのせいで金属探知機に引っかかる」

編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク