90s

ビートたけしが死にかけたバイク事故「当時はうつ状態だった」

自虐ネタ&毒舌で笑いを誘うたけし。凄まじい芸人魂である。

果たして事故の原因は?


リハビリの甲斐あって翌95年3月にはテレビ復帰を果たしたが、大事故の原因は何だったのだろうか? 事故現場は見通しのいい緩やかなカーブ。しかし、ブレーキ痕すら残っていなかったのだ。
スクーターは前日に運転手を務めるたけし軍団員、負古太郎(まけ ふるたろう)に買い与えたものだった。おまけに、サングラスのような濃いゴーグルを掛けていたことも判明している。乗り慣れないスクーターの上、視界も悪かったからだろうか?
事故前夜、日本酒4合相当のアルコールを飲んでいたとも報道されている。酒気帯び運転により書類送検されるも起訴猶予処分となっているが、酒に酔っていたからだろうか? はたまた、自爆願望があったのだろうか?

事故に会ったのは、当時交際を噂されていた細川ふみえに会いに行く途中ともされている。この一週間前に不倫密会現場が写真誌にスクープされていたのは事実である。
また、前年には監督4作目となる『ソナチネ』を発表しているが、たけしの手応えにかかわらず評価、動員が伴わないジレンマで自暴自棄になっていたともいわれている。(「世界のキタノ」の地位を不動にしたのは、97年発表『HANA-BI』でベネチア国際映画祭グランプリである金獅子賞を受賞してから)

公私に渡るゴタゴタが暴走を招いたのだろうか?
昨今では、たけし自身が「当時はうつ状態だった」と語ることもある。いずれにしても、「世界のキタノ」ではなく「ビートたけし」として、伝説のクソゲー『たけしの挑戦状』のエンディングよろしく、「こんな事故にマジになっちゃってどうするの」なんて、シニカルに笑い飛ばしてほしいものである。
(バーグマン田形)

※イメージ画像はamazonよりやり残したこと

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ビートたけしが死にかけたバイク事故「当時はうつ状態だった」」の みんなの反応 2
  • サニー 通報

    たけし は、嫌いじゃあない。ただし、映画は、みない。1回見て、懲りた。私は フランス人には なれない ことが わかったよ。

    11
  • 匿名さん 通報

    所ジョージは自作の曲でネタにしていたな、気心が知れていたから曲にしたし、ネタにされた本人も笑って済ませていたけど

    5
この記事にコメントする

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク