90s

北朝鮮を笑いのネタに 日テレの深夜番組「ブラックワイドショー」を振り返る

チマチョゴリを着た女性キャスターが高圧的な口調で、アメリカへの敵意を表明する……
日本でもお馴染みとなっている、このニュース映像。地下核実験の実施や長距離弾道ミサイルの発射など、北朝鮮の動きが活発化している現在、テレビやネットで目にする機会は確実に増えています。

今年に入り、目が離せなくなっている北朝鮮情勢ですが、近年において最も国民的関心事になったのは、2002年のこと。何があった年か覚えていますか? そう。5人の拉致被害生存者が帰国を果たした年です。
日韓ワールドカップが開催された年であったにも関わらず、日本漢字能力検定協会の公募によって決めている「今年の漢字」(清水寺で和尚さんが巨大な筆で半紙に書くアレ)に「帰」の一文字が選ばれたのは、紛れもなく、この事件が決め手となっています。

北朝鮮報道に染まった2002年下半期


今思い返すと、2002年下半期の報道・情報番組は、北朝鮮一色でした。9月17日、電撃的に実現した初の日朝首脳会談。当時の内閣総理大臣・小泉純一郎が将軍様・金正日と強張った表情で握手を交わす場面は、まさに「その時歴史が動いた」瞬間。日本近・現代史に新たな学習項目が加わった現場を目撃したと、この時、日本国民全員が体感したものです。

そして、その約1ヵ月後、拉致を事実であることを認めた北朝鮮から解放され、5人の被害者たちは「帰」ってきます。なんと濃密な30日あまりでしょうか。首相訪朝の衝撃、北朝鮮の非人道的行為への憤り、24年ぶりに果たされた家族再会への感動……。目まぐるしく移り変わる2国間の動向とセンセーショナルな展開に、誰しもがニュース番組に釘付けとなりました。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク