90s

スタン・ハンセンは、三沢光晴らをトップ選手へと成長させた“名コーチ”である

スタン・ハンセンは、三沢光晴らをトップ選手へと成長させた“名コーチ”である
サッカーに疎い筆者が語るのも恐縮なのだが、「外国人がチームの指導者に就く状況って大丈夫なのかな?」と不安にならないこともない。詳しい知人に聞くと、やはり本当は日本人が監督・コーチでいた方が良いらしい。ただ、どうしても経験値で日本人は劣ってしまう。
たしかに、トルシエが指導していた日本代表は結果を出していたし、言葉の壁を超えて選手と指導者が通じ合うことも珍しくはないのだろう。

三沢光晴らの“高い壁”として、外国人エースのスタン・ハンセンが登場


90年代の全日本プロレスでは、御大・ジャイアント馬場の“長男”と“次男”が相次いで戦線を離脱している。

次男坊である天龍源一郎は当時の所属レスラーで最も集客力のある選手だったが、90年に全日を離脱し、自らがトップに立つ新団体「SWS」旗揚げに参加した。
このタイミングで全日の危機を救うべく浮上したのは、“三男坊”の三沢光晴。“長男”であるジャンボ鶴田とエースの座を賭けた世代闘争を展開し、団体は再び活況。「怪物」の異名をとり、当時のマット界で実力ナンバー1の呼び声も高かった鶴田に新世代代表・三沢が挑む構図はファンのシンパシーをこれでもかと鷲掴みにしていた。
しかし、“長男”ジャンボ鶴田が92年にB型肝炎を発症、長期入院を余儀なくされる。以降、鶴田が闘いの第一線に戻ってくることはなかった。

スライド式に、三沢が日本人選手のトップポジションに就くこととなった。しかし、古株のファンからすると、まだ物足りない。鶴田との抗争時に“ガラスのエース”と揶揄する声もあった。才能ある三沢だけに、まだ伸びしろはあるはず。彼には、これからも“高い壁”となる存在が必要なのだ。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年3月23日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。