90s

愛すべきセガのCMキャラ 『せがた三四郎』と『湯川専務』を振り返る

愛すべきセガのCMキャラ 『せがた三四郎』と『湯川専務』を振り返る
湯川専務
良いCMを打ったところで、モノが売れるとは限らないー。

そのことが良く分かる事例として、今後も語り継がれていくのでしょうか。『せがた三四郎』と『湯川専務シリーズ』。間違いなく、歴史に残る、絶大なインパクトをもった名テレビコマーシャルだったことは確かです。
手掛けたのは、ご存知、株式会社セガ(今は株式会社セガゲームス)。1960年に設立されて以降、数々の名作を生み出してきた、言わずと知れたゲーム業界の雄です。

熾烈なシェア争いから生まれたセガの奇策


まずは、この2本のコマーシャルが生まれた背景を見ていきましょう。
『せがた三四郎』と『湯川専務シリーズ』が放送されていたのは、90年代中頃から後半にかけて。この期間はちょうど、任天堂とソニー・コンピュータエンタテインメント(以下SCE)、そして、セガの3社で、熾烈なシェア争いを繰り広げていた時です。任天堂は「NINTENDO64」、SCEは「プレイステーション」、セガは「セガサターン」と、三社三様のゲームハードを展開し、当時、多くのゲーム少年の頭を悩ませました。「どれを買うのが正解なんだ…」と。
その競争を勝ち抜くために、セガではインパクトのあるCMを次々と打ち出していきます。その最たるものの一つが『せがた三四郎』でした。

『紅白』にも出場した『せがた三四郎』


名前から分かる通り、黒澤明監督のデビュー作『姿三四郎』のパロディであるこのCM。俳優の藤岡弘が、孤高の柔術家『せがた三四郎』を演じます。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年3月26日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。