90s

『愛という名のもとに』は彼のために描かれていた! 作品を支えた名脇役「チョロ」

『愛という名のもとに』は彼のために描かれていた! 作品を支えた名脇役「チョロ」
「俺、(大学を)卒業して、社会に出るのが怖かった…。けど今は…、社会から出るのが怖い」

なんという名セリフでしょうか。この言葉が骨身に沁みない社会人などいるのか? と思えてくるほどです。
名言の出どころは、1992年に放送していたフジテレビ系列の連続ドラマ『愛という名のもとに』。鈴木保奈美、唐沢寿明、江口洋介が出演し、平均視聴率24.7%、最終回では32.6%を叩き出した名作です。

大学で青春を共にした7人が繰り広げる群像劇


物語は、大学のボート部で同窓だった7人が、恩師の葬儀で3年ぶりに再会するところから動き出します。その日を境に、交友関係を再開した彼ら。一見、昔と変わらない仲間たち。しかし、すぐに、それぞれの置かれた状況や考え方が、大学時代のそれとは異なることを実感します。それに、各人、様々な悩みやトラブルを抱えていることも判明。
かつてもっていた理想が社会人として生きた3年を経て、大きく揺らぎ、崩れかけていくのに彼らはもがき苦しむのです。それでもなお、仲間同士で支えあいながら前を向いて生きていこうと、7人は歩みを進めます。彼らが求める、風の中に吹かれている「答え」を求めて…。概要はざっと、こんなところです。
その登場人物の一人で、作中もっとも重要な役割を担ったのが、冒頭の発言の主、役名、倉田 篤こと「チョロ」です。演じたのは、中野英雄でした。


小市民「チョロ」が、視聴者の共感を呼ぶ


野島さんから「君のために書いたドラマだ」と言われたー

あわせて読みたい

  • ドラマ「高校教師」ラストシーンの衝撃 心中?寝てるだけ?

    ドラマ「高校教師」ラストシーンの衝撃 心中?寝てるだけ?

  • 突然の引退 90年代の大ヒットドラマを支えた桜井幸子

    突然の引退 90年代の大ヒットドラマを支えた桜井幸子

  • 物語が破たん 奇妙な最終回だったドラマ『未成年』

    物語が破たん 奇妙な最終回だったドラマ『未成年』

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年3月25日の90s チョベリー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース