90s

三度も大記録を逃した西口文也 思い出に残った試合とは?

三度も大記録を逃した西口文也 思い出に残った試合とは?
もうすぐプロ野球が開幕を迎える。そのプロ野球といえば昨年、多くの一流選手が引退したことで話題になった。そんな昨年の引退選手の中には、二度のノーヒットノーラン、一度の完全試合を逃した投手として知られる西口文也もいた。いったい西口とはどんな投手だったのだろう。

ドラフト3位 西武に入団した西口文也


西口は1994年にドラフト3位で西武に指名され入団。縦横に様々に曲がるスライダーとチェンジアップ、切れのある速球を武器として西武のエースとして長い間君臨する活躍を見せていた。
あの怪物と言われた松坂大輔と同じ時期に活躍しており、西武ファンの間では「松坂と西口、どちらがエースか?」と議論になったこともしばしば。

二度のノーヒットノーラン未遂


西口といえば語り草になっているのは二度もノーヒットノーランを逃したこと。最初に逃したのは2002年の8月対千葉ロッテ戦。9回裏ツーアウトまで四球一つに抑えるも、最後の打者である小坂誠にヒットを打たれてしまう。
そして二度目は2005年5月13日の巨人戦。ここでも9回ツーアウトまで死球一つに抑えるも、清水隆行にヒホームランを浴びてノーヒットノーランの夢は潰えた。

完全試合も逃した西口文也


同じ年の8月27日の東北楽天戦。この日の西口は9回まで完全に抑えていた。しかし相手の楽天・一場靖弘も西武打線を9回まで完封。0-0のまま延長戦に突入してしまう。
そして10回、西口は先頭打者の沖原佳典にヒットを打たれて完全試合を逃してしまうのだ。結局、試合は西武が勝ったものの、またしても大記録を達成できなかった。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年3月27日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。