review

【速報】決定!マンガ大賞2016は、野田サトル『ゴールデンカムイ』

今年で第9回目となる、マンガ大賞2016が発表された。今年の大賞は『ゴールデンカムイ』。週刊ヤングジャンプで連載される青年向けマンガだ。が、実は僕はこの作品が大賞だと困るかもなあと考えていた。ともあれ、野田サトルさん、マンガ大賞の受賞おめでとうございます。不謹慎なことを考えてしまって申し訳ありませんでした。しかしながら作品はとても面白く拝読し、実際、僕も2次選考では票を投じております。
【速報】決定!マンガ大賞2016は、野田サトル『ゴールデンカムイ』

では、なぜ困るのか。 これは本当に手前勝手な理由で申し訳ないのだが、理由は単純で、レビューしづらいタイプの作品なのだ。この数年、マンガ大賞の速報を書いているが、当然ながらそこには何らかの作品レビューを盛り込んでいる。しかし、本作は過去の受賞作のなかでも、もっとも作品を構成する柱が多い。

例えば昨年の速報では、「【速報】決定! マンガ大賞2015は、東村アキコ"涙"の自伝『かくかくしかじか』」というように「"涙"の自伝」とし、あらすじのさわりを書いた。一昨年の「ついにあのジンクスが破られた。速報!マンガ大賞2014は森薫『乙嫁語り』〜現場から詳細レポ」も難しかったが、「中央アジアを舞台に、描き出される暮らしにあるもの──。遊牧民と定住民の暮らしや結婚観、家族や血縁というコミュニティのあり方など、さまざまな角度からその姿を立体的に描き出す」と作品の緻密さに触れた。

どちらの作品でも触れたのは、映すひとつの柱でもあるように思う。だが今年の大賞『ゴールデンカムイ』のレビューはとても難しい。例えば、僕の2次選考時の推薦コメントはこうだ。

あわせて読みたい

  • マンガ大賞2014受賞作・森薫『乙嫁語り』で描かれる濃密で美しい食卓の情景

    マンガ大賞2014受賞作・森薫『乙嫁語り』で描かれる濃密で美しい食卓の情景

  • 【速報! マンガ大賞2013は『海街diary』〜現場から詳細レポ】

    【速報! マンガ大賞2013は『海街diary』〜現場から詳細レポ】

  • ただいま一次選考終了。マンガ大賞選考員の苦悩

    ただいま一次選考終了。マンガ大賞選考員の苦悩

  • 気になるキーワード

    1. 連載 漫画
    レビューの記事をもっと見る 2016年3月29日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    「連載 + 漫画」のおすすめ記事

    「連載 + 漫画」のおすすめ記事をもっと見る

    次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

    次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース