初代王者「3度目の戴冠」とはならなかった。
第88回センバツ甲子園の優勝は奈良の智辯学園。延長戦で高松商業を下し、春夏通じて初優勝。決勝戦での延長サヨナラ勝ちは27年ぶりという劇的な幕切れだった。
初代王者「3度目の戴冠」はならず。高松商業の歴史とセンバツ史

名門校とはいえ、これまで全国4強が最高順位だった智辯学園。それだけに今回の優勝の味は格別に違いない。全5試合を完投(全669球)した村上頌樹投手をはじめ、まずは栄冠を手にした選手たちについて讃えたい。

一方で、今大会を語る上で外せないのが敗れた高松商業だ。初代センバツ王者であり、20年ぶりに出場した古豪が56年ぶりの優勝を果たすのかに注目が集まった。大会期間中、「我々には責任がある。ファンがいるんですから」と語った高松商・長尾健司監督。その言葉通り、高松商の名を聞いて心躍らせたオールドファンも多かったはずだ。

過去の高松商センバツ制覇を振り返ると、劇的な「大会史上初ホームラン」が生まれていた。そして今大会でも、高松商はある「大会史上初ホームラン」を決めていたのだが……。

奇しくも今日4月1日は、センバツ史を語る上でも、高松商野球部を語る上でも重要な日、といえる。高松商とセンバツ史を「大会史上初ホームラン」のエピソードとともに紐解きたい。

センバツの歴史は高松商とともに


1924(大正13)年、名古屋市郊外八事(やごと)の山本球場に「過去一年間の試合で最強チームと認められた」8校が集結し、センバツ大会が産声をあげた。その日が今日、4月1日だった。