最近では実写版『天才バカボン』のバカボンのパパ役に抜擢されて注目を集めた、くりぃむしちゅーの上田晋也。バカボンのパパの母校は「バカ田大学」ですが、上田の母校は漫画の設定上、その隣にあるとされている早稲田大学。
そう、彼は紛れもないインテリ。しかもその知性は、テストにしか役に立たない類いのものではなく、テレビの中でも縦横無尽に活用されています。『ニッポンの過去問』で各分野の碩学たちと、『Going!Sports&News』で1流アスリートと、『おしゃれイズム』『しゃべくり007』で俳優やタレントと、幅広く渡り合えるのは、トークスキルと共に無尽蔵な知識があるからに他なりません。

「薀蓄(うんちく)王決定戦」がブレイクへの足掛かりに


そもそも、くりぃむしちゅーが売れっ子芸人になったのは、間違いなく上田の類まれなインテリジェンスがあったからです。
人気に火が付いたのは2003年。上田がテレビ朝日系の深夜バラエティ『虎ノ門』内のワンコーナー「薀蓄(うんちく)王決定戦」に出場したことがきっかけです。このコーナーは雑学自慢の芸能人たちが、様々なテーマに合わせてうんちくを披露していくという内容なのですが、その中で一際異彩を放っていたのがこのくりぃむしちゅーのつっこみ担当でした。

上田晋也が見せる抜群の知識量と頭の回転


どんなテーマに対しても瞬時に反応し、「何でそんなこと知ってるの?」と驚嘆するような細かな雑学を、短い制限時間の中で分かりやすくアウトプットする話術は名人芸の域。さらに一通り言い終わった後で、「ちなみに~」ともう一つ、二つうんちくを付け加えてポイントを稼ぐという、狡猾なダーティーファイターとしての顔も持ち合わせていました。結果、山田五郎・松尾貴史・なぎら健壱など、曲者の論客たちを押しのけて、見事に三代目うんちく王の称号を手にしたのです。