90s

“怪優”になる前の高嶋政伸の代表作! ローソンのCMシリーズとは

       
NHKの大河ドラマ『真田丸』では陰険な北条氏政を、映画『暗殺教室』ではサイコで残虐な自衛官を、実写ドラマ『天才バカボン』ではエキセントリックな本官さんを。悪人、狂人役が続く、最近の高嶋政伸。
その堂に入った怪演ぶりで今や悪役をやらせたら日本一の感さえあるが、90年代は「ローソン店長」としてさわやかな笑顔を振りまいていたことが印象深い。
そう、連続ドラマ仕立てで放送されていたローソンのCMシリーズである。

元々はローソンの単なる常連客だった高嶋政伸


シリーズ開始は1991年。“若大将”と称される形で政伸が登場しているが、実はこの時点ではローソンの単なる常連客で、店長を演じるのは実父・高島忠夫だ。2世タレントの切り札ともいえる親子共演をいきなり発動し、JUN SKY WALKER(S)の『スタート』に乗せてフレッシュなスタートを切った。
店員役には古手川祐子や沢口靖子も登場。シーチキンを猛プッシュしてきそうなキャスティングである。翌92年には斉藤由貴が新たにお客さん役で登場。政伸とのツートップ体制で、若い世代の代表となる親しみやすいキャラクターを演じている。

高嶋政伸、3年目にしてローソン店長に就任


1993年、ついに政伸が新店長(ローソン渦巻3丁目店)に就任。常連時代は営業マン的な描写もあったが、いつの間にか転職していたようだ。
店員には旬の顔ぶれとして、筒井道隆、鈴木蘭々、元ピチカート・ファイヴの野宮真貴、吹越満が登場。この時代の空気を感じる顔ぶれである。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年4月12日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。