90s

不機嫌さを隠しきれず キムタクの「デキ婚」会見を振り返る

不機嫌さを隠しきれず キムタクの「デキ婚」会見を振り返る
(イラスト:ハセガワシオリ)
2000年11月23日、さいたまスーパーアリーナでのSMAPのライブ終了後に緊急結婚会見を行った木村拓哉(当時28歳)。事の発端は、スポーツニッポンのスクープから。この日の朝、「キムタク、パパに」の見出しで超ド級のスクープが投下されたのだ。相手はもちろん、工藤静香(当時30歳)である。

スクープでデキ婚会見をさせられるハメに


200人を超える記者、カメラマンが詰めかけた中、黒づくめの木村が緊張の面持ちで登場。
「結婚します。入籍はまだです。近々しようと思っています」
そう、この時点では入籍すらまだの段階。スクープにより、会見をせざるを得ない状況に追い込まれていたのだ。
「おめでたという話は?」と突っ込むリポーターに対して、「事実です」と木村。「4ヶ月ということでよろしいでしょうか?」との問いには「はい」と一言。
交際については1年近く前から報道されていたが、まさか人気絶頂にあった日本一のアイドルがデキ婚するとは……20世紀の最後に芸能史に残る衝撃が刻まれたのだった。

プロポーズについても、「夏の始めくらいですかね…」と歯切れが悪く、内容については照れ笑いでごまかした。「幸せです」と語るも、目はまったく笑っていない状況。
「本当は自分の声で最初に報告したかったです」
堂々とした会見だったが、口元は終始モゴモゴとした落ち着きのない感じ。すっぱ抜かれた悔しさからか、不機嫌さを隠しきれないのが印象的な会見だった。...続きを読む

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年4月16日の90s チョベリー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース