90s

リゲインCM「24時間戦えますか」のキャッチフレーズ、30年で大幅時短していた

「24時間戦えますか」

このフレーズを聞けば、90年代を生きた人々の100人中100人が「リゲイン」と即答することができるだろう。そのうち80人くらいはテーマソングを歌うことさえできるかもしれない。それくらいリゲインのCMは当時人々に強烈なインパクトを与えた。

今なら完全ブラック!バブル景気のビジネス思想


80年代終わりから90年代初頭、日本がバブル景気に湧いていた時代に誕生した栄養ドリンク「リゲイン」。当時小学生だった筆者も、大人はこれを飲んで仕事に精を出しているものだと思っていた。24時間寝ないで仕事をし続けるためのパワーアップアイテムだと信じていた。

それから云十年、大人になって当時のことを思い出してみると、いくらバブル景気だったからって24時間戦うって完全なるブラック思想だよなとツッコまざるを得ない。戦うとは、イコール「働く」ということで相違ないだろう。今とは違って働けば働くほどお金になった時代だったからこそ許された、むしろ輝いていたキャッチフレーズなのかもしれない。

実際のところ、24時間も戦えない



「24時間戦えますか」というキャッチフレーズは、とても魅力的だが現実問題、超人でもない限り24時間戦い続けるなんて無理な話だ。

そんなマジレスに応えるように、サントリーから2014年にエナジードリンクとしてリゲインが販売されたときのCMキャッチフレーズは、「24時間」ではなく「3、4時間戦えますか?」となっていた。すでに販売が終了してしまったことはなんとも残念だが、「24時間戦うのはしんどい」という事実にリゲインは気づいてくれていたのだ。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「リゲインCM「24時間戦えますか」のキャッチフレーズ、30年で大幅時短していた」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    このCM世代が、管理職になって、ブラック企業を生み出してしまった事実も、全くは否定できない。

    1
  • 匿名さん 通報

    今ならパワハラ案件だな

    0
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年10月22日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。