90s

北野武が桑田佳祐監督の映画を痛烈批判! 一触即発の事態になった過去

北野武が桑田佳祐監督の映画を痛烈批判! 一触即発の事態になった過去
音楽の才能は疑う余地もない桑田佳祐
北野武と桑田佳祐。今更、語ることなどないと思うほどの、日本の芸能界・音楽界を代表する天才です。どちらもそれぞれの分野で類稀なる実績を残す大御所ですが、唯一異なっているのが活動の幅。
桑田が音楽という分野だけに突出した能力を発揮しているのに対し、武のフィールドは広大。お笑いという持ち場をベースに、映画も監督するし、役者もやるし、小説も書くし、歌の作詞・作曲・歌唱もこなします。果ては、ゲームのプロデュース業だってやっているのです。
一方の桑田はというと、音楽一筋のように思われがちですが、ただ一度だけ他分野へ触手を伸ばしたことがあります。何かといえば、武と同じ映画監督。そしてその自作映画を巡り、監督業では先輩にあたる武と、舌戦を繰り広げた過去があるのです。

常々映画を撮りたがっていた桑田佳祐


桑田は、80年代の終わりごろに『さんまのまんま』にゲスト出演したとき「映画を撮りたい」と語っていました。1978年に『勝手にシンドバッド』でデビューして以来、当時で既に10年以上日本POPミュージックシーンのトップをひた走っていた男にとって、「音楽以外で自分を表現できる場所」は、マンネリ化を打破する特効薬のように感じられていたのでしょう。

その念願が叶い、1990年。彼は自身の構想を『稲村ジェーン』という処女作にて、具現化します。桑田の生まれ故郷・茅ヶ崎に程近い湘南鎌倉市の稲村ヶ崎を舞台にした本作は、伝説のビッグウェーブを待つサーファーたちの青春物語。当然、音楽は桑田が担当。自作映画だけあって、『真夏の果実』や『希望の轍』など、今も歌い継がれる名曲を惜しげもなく、劇中歌として使用しています。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「北野武が桑田佳祐監督の映画を痛烈批判! 一触即発の事態になった過去」の みんなの反応 3
  • チンカス 通報

    なめろよ~ なめろ~ チンッポッポッポ ボッキッキ

    2
  • セックスマシーン 通報

    勃・起よりもセ・ックスだ!! ジャッカルスーパーチ ン・ ポ の 精 ・子~!!

    1
  • 匿名さん 通報

    稲村ジェーンは、たけしどころか、サザンファンにも叩かれた位だから、才能ないと思い知ったのだろう。

    0
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年4月20日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。