90s

過剰なバッシングも 世間を賑わせた「姉歯事件」を振り返る!

過剰なバッシングも 世間を賑わせた「姉歯事件」を振り返る!
※画像はイメージです
今年に入って、多くの人間がお茶の間を騒がしているが、2005年にはある一人の建築士が世間を騒がしていた。その人物の名を姉歯秀次といい、耐震偽装事件の渦中にいた。

耐震偽装事件とは?


耐震偽装事件は2005年、北千住に施工予定だったマンションの鉄筋量が異常であると施工担当会社が気づき、調査を依頼したところ構造計画書の偽装がわかったことが発端だ。
その後、ヒューザーと姉歯元建築士による構造計画書の偽装が匿名で国土交通省から発表され、インターネット上では実名が告発される。

姉歯元建築士は後に証人喚問をされ、「数値が基準に満たなくても、耐震壁を使うこと耐震性能に優れているので、偽装とは思っていない」と弁明したが、建築基準法違反などで逮捕起訴された。

マスコミによる姉歯バッシング


この時のマスコミ報道は、姉歯元建築士へのバッシング記事が連日踊った。「自宅は超豪邸」「隠し財産が何億円もある」「愛人にマンションを買い与えた」「妻はブランド品を買いあさり、高級フランス料理店でグルメ三昧」などなど……。
しかし自宅は質素で隠し財産どころか、自宅購入時に多額の負債を負っており、保釈金を支払う蓄えすら残っていなかったそう。

この一連のマスコミバッシングが一因となり、妻が自殺してしまうという悲劇も起きた。

姉歯事件のその後


姉歯元建築士は自宅を売却し、建築士の資格も妻も失い全てを失ってしまった。
一見すると、姉歯元建築士が完全な悪のようにも思えるが、こんな意見もある。姉歯元建築士とともに偽造問題で取り沙汰されたヒューザーで当時の社長だった小嶋氏は、週刊誌の取材に対して、国の定めた「建築確認検査」の制度上の欠陥も問題であると語っている。
(篁五郎)
90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年4月24日の90s チョベリー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース