90s

アニメ主題歌をサンプリング 衝撃的だったスチャダラパーの音楽

このとき、何にびっくりしたのか。それは、昔のアニメやお笑い、彼らが(そして多くのファンも)子どものころに影響を受けたものを、ヒップホップに持ち込んでくれたというところ。ファーストアルバムでも歌われた、「バック・トゥ・ルーツ・イン・マイ・ルーム」、このフレーズにすべてが集約されている。

スチャダラパーの「主張」


80年代にラップ/ヒップホップというものがある、と知ったころのイメージというのは、黒人がちょっとコワモテ風に、「YO!」とやって、アジテーション要素強めのメッセージを送るもの、というイメージがあった。そこにはアメリカの人種問題が根っこにある。そういうもんだと思っていた。だから、日本では本質は理解できない部分もあるかな、とも思っていた。
そこにスチャダラパーである。オモロラップである。歌詞(ライム)も、当時のチャラい奴らやミーハーな流行をちょっと皮肉るようなものに、植木等の「オイース」などをからめてくる。
パンク歌手とも、尾崎豊らメッセージシンガーとも違う、スチャダラな主張。とても、心地よかった。痛快だった。

『冗談画報』に戻る。いよいよパフォーマンスもクライマックスになったところで、
<♪テンテンテーンテテーン、テンテンテーンテテーン>
『太陽にほえろ』のテーマのイントロが流れ始めた。のちで言うところの、「キターーーーー」状態である(当時はネット掲示板もまだなかったが)。
そしてそのまま、
<♪テレテーーテテテーーテレテーーテテレテーレテー>
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク