2016年4/24(日)、日比谷図書文化館コンベンションホールにて、第二回 日本翻訳大賞 授賞式が行われた。
バスク語、クレオール語を知っていますか。マイナー言語大勝利、日本翻訳大賞授賞式レポ
大賞受賞作『ムシェ 小さな英雄の物語』翻訳者・金子奈美

受賞したのは、パトリック・シャモワゾー『素晴らしきソリボ』(関口涼子、パトリック・オノレ訳/河出書房新社)、キルメン・ウリベ『ムシェ 小さな英雄の物語』(金子奈美訳/白水社)の2作。
バスク語、クレオール語を知っていますか。マイナー言語大勝利、日本翻訳大賞授賞式レポ
大賞受賞作『素晴らしきソリボ』翻訳者・関口涼子

翻訳書は売り上げもキビシく、公に評価される場も少ない。翻訳賞ができれば、翻訳小説や翻訳ノンフィクションの振興にも貢献するはずーー。こんな思いから、昨年スタートした同賞の選考委員は、金原瑞人、岸本佐知子、柴田元幸、松永美穂、西崎憲という日本を代表する翻訳家たちだ。

立ちはだかる「良い翻訳とは?問題」


授賞式は、賞の発起人である西崎率いるバンドの演奏を経て、 日本翻訳大賞についての基本的な説明からスタートした。

前年に刊行された翻訳書のなかから、一般からの推薦作上位10作&選考委員が選んだ5作の計15作が二次候補作となり、それを選考委員が手分けして読み、最終候補を5作にまで絞る。そして、選考会を開き、大賞を決定する。これが、昨年からの基本的な流れだ。

前回との違いは、対象期間が1ヶ月伸びたこと。2015年の12ヶ月間に加え、2014年12月に刊行された本も候補として認められたのだ。これは、12月の本は推薦する段階で読み終わっていない可能性が高く(ゆえに候補になりづらい)不利で可哀想だから、という救済策的な理由による新ルールなのだそうだ。

この記事の画像

「バスク語、クレオール語を知っていますか。マイナー言語大勝利、日本翻訳大賞授賞式レポ」の画像1 「バスク語、クレオール語を知っていますか。マイナー言語大勝利、日本翻訳大賞授賞式レポ」の画像2 「バスク語、クレオール語を知っていますか。マイナー言語大勝利、日本翻訳大賞授賞式レポ」の画像3 「バスク語、クレオール語を知っていますか。マイナー言語大勝利、日本翻訳大賞授賞式レポ」の画像4
「バスク語、クレオール語を知っていますか。マイナー言語大勝利、日本翻訳大賞授賞式レポ」の画像5 「バスク語、クレオール語を知っていますか。マイナー言語大勝利、日本翻訳大賞授賞式レポ」の画像6