氷川きよしのような若いイケメンではない。ジェロのような外国人でもない。いわゆる、何か特別な「引き」があるわけではなく、マイクを握るのは還暦間近のお爺さん。ルックスも至って地味です。
そんな、どこにでもいるような演歌歌手の歌が、90年代の終わりにミリオンセールスを記録してしまうのだから、何が起こるか分かりません。この世にも奇妙な社会現象を巻き起こしたのは、『孫』とい一枚のCDでした。

本業はさくらんぼ農家の経営者・大泉逸郎


歌い手を務めたのは大泉逸郎。彼の経歴を辿るほどに分かるのは、本当にごく普通の人だということ。山形県出身・在住で、本業はサクランボ農家の経営者。現在も地元で収穫に精を出している、地に足の着いた働き者の農夫で、趣味は熱帯魚の飼育だそうです。
そんな素朴な一般人・大泉が歌に本腰を入れ始めたのは、1977年のこと。アマチュア民謡歌手として、東北・北海道民謡大賞を受賞したのがきっかけでした。もちろん、本業のさくらんぼ農家を優先させていたため、歌手はあくまで副業というスタンス。「絶対に売れてやろう!」「東京で一花咲かせてやろう!」などという功名心はなく、マイペースに地元で活動を続けていました。

52歳で“孫”をもったことが人生のターニングポイントに


こうしたありきたりな人生を謳歌していた大泉に、転機が訪れます。1994年、初めての孫が生まれたのです。大泉家の跡取りとなり得る、玉のような男の子でした。「なんで、こんなにかわいいのかよ……」。