90s

織田裕二が「失敗作」と認めたドラマとは?

織田裕二が「失敗作」と認めたドラマとは?
映画やドラマには当然ながら成功と失敗がある。映画での成功といえば興行収入が目安になるが、映画賞の受賞や観た人の評価なども成功の目安と言える。
その一方、ドラマでの成功の目安は“視聴率”である。たとえ視聴率が低い作品だったとしても、ドラマに関わった人々自身は「失敗だった」とは中々口にできないのだが、主演した本人自ら「失敗作」だと言い切ってしまったドラマがある。

「織田裕二主演のドラマ」=「ヒット作の宝庫」


織田裕二主演のドラマといえば、『踊る大捜査線』シリーズを筆頭に、『東京ラブストーリー』『ラストクリスマス』など高視聴率のドラマばかり。「織田裕二主演のドラマ」=「ヒット作の宝庫」と言っても過言ではないだろう。

織田裕二主演で大コケ そのドラマとは……


そんな織田裕二の主演ドラマの中で大コケにコケたものがある。それは1992年4月から6月までTBSで放送された『あの日の僕をさがして』である。
このドラマには、当時清純派女優として人気だった仙道敦子も出演。織田と仙道は映画『就職戦線異状なし』でもコンビを組んでいたこともあり期待も高かった。他の共演者には大鶴義丹、保阪尚暉に加えてドラマ初出演の永井真理子と、当時人気のキャストを揃えて前評判も上々であった。

織田裕二が語る失敗の原因 「全てが中途半端だった」


このドラマは全11話が放映されるも初回から視聴率15%を割り込み、途中15%を超えることがあったものの全体を通して視聴率が悪かった。また最終回でも、ラスト5分間での大どんでん返しで視聴者を置き去りにするなど、お世辞にも好評とはいえないドラマであった。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年5月15日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。