bit

ミニ四駆はもう古い? コロコロがゴリ押しする「ゲキドライヴ」を作って走らせてみた!

ミニ四駆はもう古い? コロコロがゴリ押しする「ゲキドライヴ」を作って走らせてみた!

小学生のバイブル的雑誌「コロコロコミック(以下コロコロ)」。そこに掲載されたおもちゃは、いつも小学生の流行の最先端だ。筆者が子どもの頃に読んでいた時、最もアツかったのはタミヤの「ミニ四駆」だった。当時コロコロで連載していた『爆走兄弟レッツ&ゴー』を読みつつ、少ないお小遣いでなんとかパーツを買っていたっけ……。
いま、第3次ミニ四駆ブームがきているというが、現在のコロコロでは以前ほど積極的に扱っていない。2016年5月号では単色刷りの1ページのみだ。代わりにゴリ押ししているのは、バンダイの「ゲキドライヴ」。カラー3ページを使って大会情報や家での遊び方を紹介。そして『激レーサー 走太郎』というゲキドライヴを題材にしたマンガが連載されている。どうやらこれがポストミニ四駆らしい。


調べてみると、ゲキドライヴは今年の1月から商品展開が始まったまだ新しいホビーだった。モーターの力でマシンを走らせ競うところは一緒だが、ミニ四駆がレーンで区切られたコースを走るのに対して、ゲキドライヴはフリーレーンのコースを走る。そのため追い抜きが発生しやすく、マシン同士がぶつかり合うのは当たり前の迫力あるレースが楽しめるのが魅力のようだ。そこで、実際に組み立てて走らせてみたぞ!
ミニ四駆はもう古い? コロコロがゴリ押しする「ゲキドライヴ」を作って走らせてみた!
左がゲキドライヴ『ドラゴンゲイル』、右がミニ四駆『ブラストアロー』のパッケージ。

今回購入したのは『ドラゴンゲイル』という第1号マシン。比較のために使用したミニ四駆は色使いが似ている『ブラストアロー』だ。さっそく開封してパーツを確認。数は全部で20個程度。ボディは、細かい溝や複雑な形をしたロゴが最初から成型されていて手が込んでいる。ミニ四駆よりもおもちゃっぽいデザインなので、小学生男子は食いつくに違いない。
ミニ四駆はもう古い? コロコロがゴリ押しする「ゲキドライヴ」を作って走らせてみた!

ざっと説明書を読むと「シャフト」「ギヤ」といった単語が。ミニ四駆にもこんなのあった! 懐かしい!! なんだか楽しくなってきた。
ミニ四駆はもう古い? コロコロがゴリ押しする「ゲキドライヴ」を作って走らせてみた!
ミニ四駆を作っていた小学生時代を思い出す。超楽しい。

ミニ四駆はもう古い? コロコロがゴリ押しする「ゲキドライヴ」を作って走らせてみた!

組み立てていると、マシン自体にもミニ四駆と違う点を発見した。

・コースにレーンがないので、ローラーもない。

・使う電池は単4電池2本(ミニ四駆は単3電池2本)。

・後輪はゴムタイヤを履いているのに、前輪はプラスチック。

なかでも前輪がプラスチックなのには驚いた。ミニ四駆だとタイヤがプラスチック製なのはありえない。ツルツルしすぎて、本当に走るのか心配になってしまった。
ミニ四駆はもう古い? コロコロがゴリ押しする「ゲキドライヴ」を作って走らせてみた!
「キーフレーム」に各パーツをスライドさせて連結することでシャーシが完成する。

ミニ四駆はもう古い? コロコロがゴリ押しする「ゲキドライヴ」を作って走らせてみた!

ミニ四駆はもう古い? コロコロがゴリ押しする「ゲキドライヴ」を作って走らせてみた!

30分で組み立ては完成。一番大変だったのはシール貼りだったと思うくらい簡単だ。
ミニ四駆はもう古い? コロコロがゴリ押しする「ゲキドライヴ」を作って走らせてみた!
シャーシも手前が進行方向。前に付きそうなパーツが後部にあるが、これは衝突緩和用のバンパーだ。

ミニ四駆はもう古い? コロコロがゴリ押しする「ゲキドライヴ」を作って走らせてみた!

なんか速そう!
ミニ四駆はもう古い? コロコロがゴリ押しする「ゲキドライヴ」を作って走らせてみた!

ミニ四駆と大きさを比較すると、ゲキドライヴのほうが一回り小さい。
ゲキドライヴはスマホアプリの機能も充実していて、スタートシグナル、ストップウォッチ機能のほか、走行音を聞かせるだけでマシンの状態チェックもできてしまう。試しに組み上げたマシンで確認してみると、“GOOD”(3つ星中1つ)と表示された。すごい、今っぽい!
ミニ四駆はもう古い? コロコロがゴリ押しする「ゲキドライヴ」を作って走らせてみた!
ゲキドライヴ公式アプリ

ミニ四駆はもう古い? コロコロがゴリ押しする「ゲキドライヴ」を作って走らせてみた!

コースが設置されている販売店で実際に走らせてみた。ミニ四駆と同じくらいスピードが出ていて、傾斜のきついバンクも高速で走り抜ける。けっこう本格的で楽しいぞ!
ミニ四駆はもう古い? コロコロがゴリ押しする「ゲキドライヴ」を作って走らせてみた!



ちなみに日曜日に下見に来た時も、撮影のために平日訪れた時もゲキドライヴのコースで遊んでいる子どもはいなかった。隣のミニ四駆コースでは、お父さんが子どもと一緒にマシンを走らせていたのに……。ゲキドライヴが本格的に流行るのはまだまだ先のようだ。
(茶柱達也)

あわせて読みたい

  • "昭和64年"の存在知らない平成世代

    "昭和64年"の存在知らない平成世代

  • スマホ世代、レポートは写メで提出

    スマホ世代、レポートは写メで提出

  • 入学前にLINEでつながる高校生たち

    入学前にLINEでつながる高校生たち

  • 中学生「音楽は通信制限がかかる」

    中学生「音楽は通信制限がかかる」

  • コネタの記事をもっと見る 2016年5月24日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース