review

一度あきらめても夢はかなう。それがプロレス『プロレスという生き方』

「1万試合を見てきた女」「世界で唯一の女性プロレスキャスター」である三田佐代子さんの初の著書『プロレスという生き方──平成のリングの主役たち』発売記念インタビューの後編をお送りします。三田さんに、今見ておくべきプロレス団体とは? 今注目のプロレスラーは? そしてプロレスの持っている「凄さ」の正体について、じっくりお話を伺いました。
前編はこちら

──今はプロレスと一口に言っても、オーソドックスなプロレスもあれば、ガラスや画鋲を使った凄絶なデスマッチ、本屋や電車の中で行われる路上プロレスなど、さまざまな団体や興行、試合があります。前回はその幅の広さがプロレスの豊かさであるというお話を伺いましたが、あらためて三田さんが読者の方に「今見ておくべきプロレス」を勧めるとしたら何になるのでしょう?

三田 もし初めてプロレスを見る方でしたら、新日本プロレスの後楽園ホール大会をお勧めします。後楽園ホールは2000人ほど入る会場ですが、想像以上に選手との距離が近く、プロレスのライブ感や会場の一体感を一番良く感じられる場所なんですね。お客さんがたくさん入っている新日本の後楽園ホール大会は、プロレスの入口として最適だと思います。

──たしかに、会場はすごい盛り上がりですからね。

三田 それに、新日本ならどこかで見たことある選手が1人はいるんですよ。バラエティーにも顔を出す棚橋弘至選手や、テレビでスイーツを食べている真壁刀義選手もきっと顔を見ればわかるでしょう。後楽園ホールなら、カードゲームのCMに出ているオカダ・カズチカ選手が実はものすごく体が大きかったり、とんでもない高さのドロップキックを放ったりするという、プロレスの身体性にも気づいてもらえると思います。

この記事の画像

「一度あきらめても夢はかなう。それがプロレス『プロレスという生き方』」の画像1 「一度あきらめても夢はかなう。それがプロレス『プロレスという生き方』」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク