連載開始から25年以上に渡って、ファンを魅了し続けるマンガ『ジョジョの奇妙な冒険』。ウルトラジャンプでは第8部『ジョジョリオン』を連載中であり、第4部『ダイヤモンドは砕けない』が20年以上の時を越えてアニメ化されるなど、その勢いは留まることを知らない。

「スタンド」のルーツが「守護霊」にあるように、超常現象が当たり前の世界観だが、作者の荒木飛呂彦自身は“霊的なもの”をどうとらえているのだろうか?
2002年末に発行された集英社『mangaオモ!』というムックでは、異常に興味はあるが自身に霊感はないと断言した上で、ひょっとしたら……という経験が3回あったと語っている。

うろつくだけの女性の幽霊


ひとつ目は、イギリスのエジンバラのホテルで女性の幽霊を見た話。
荒木先生が夜中に目を覚ますと外人の女性がベッドの周りをうろついていたが、取材で疲労困憊だったために「面倒くさいなぁ、眠いのに」と思ったら、その途端に部屋から出ていったそう。
「バ…バカな… か…簡単すぎる… あっけなさすぎる…」と花京院が絶句してしまいそうなほどに簡素なエピソードである。

写真に写った老人の幽霊


続いては、仕事場のキッチンで老人の幽霊が出た話。
おもに深夜、荒木先生がひとりで仕事をしていると食器がカチャカチャ鳴る音や、誰もいないのに水道がビチャビチャ流れる音がする。といっても、姿を見たわけではない。
ではなぜ老人だとわかったのか?なんと、たまたま撮った写真に写っていたのだ。