90s

だいたひかるは文房具関係の仕事に転身! 『エンタの神様』に出演した女芸人のその後

       
毎年、新たにブレークする芸人は後を絶たない。近年では女性芸人も珍しくなくなっている。
そのきっかけのひとつとなったのは、2003年から2010年まで日本テレビ系列で放送されていた『エンタの神様』だろう。この番組からブレークした女性芸人たちは今どうしているのか、振り返っていこう。

青木さやか


『エンタの神様』で一番ブレークした女性芸人といえば、青木さやかだろう。保母やバスガイドなどの職業に扮したブラック・ユーモア溢れるコントで「どこ見てんのよ!」というツッコミで一世を風靡。
テレビ朝日系列『ロンドンハーツ』では、貝殻の水着を着たり、パリコレモデルに挑戦するなどでも話題になっている。

私生活では2007年に結婚、2010年には出産も経験。しかし、結婚生活は長く続かず2012年に離婚してしまった。離婚の理由として、完璧主義、神経質、協調性がないといった自身の性格によるものだと後に明らかにしている。本業の方では、最近は芸人活動よりも女優業に比重をおいているらしく、『ゆとりですがなにか』にも出演中だ。

まちゃまちゃ


奇抜なモヒカンヘアで『エンタの神様』では、「マジャゴング」というリング名でプロレスのマイクパフォーマンス風の毒舌漫談をメインとしていた。しかし当時から芸名は「まちゃまちゃ」であり、エンタのみ「摩邪(マジャゴング)」という名で出演していた。

『エンタの神様』ではブレークしたものの、現在はテレビの仕事はほぼなく、よしもと幕張イオンモール劇場の出演が大半とのこと。「月10日くらいしか仕事がない」と本人も告白している。

だいたひかる


「ど~でもいいですよ」という前フリから、シュールなネタや芸能人へ毒舌を披露していただいたひかる。私生活では2007年、交際二ヶ月で結婚をするも翌年に離婚。2013年に再婚した。
現在は芸人としての仕事はしておらず、文房具関係の仕事をメインとしている。

こうして見てみると意外な職への転身もある女性芸人。他にも、売れなくなった人物のその後を見ていくと面白い転身をしているかもしれない。
(篁五郎)

※イメージ画像はamazonよりエンタの神様 ベストセレクションVol.4 [DVD]

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年6月7日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。