日本のホラー映画界でもっとも有名なキャラクターといって思い浮かぶのは、やはり「貞子」だろう。言わずと知れた『リング』シリーズの元凶「山村貞子」だ。6月18日には、もう一人の人気(?)キャラ『呪怨』の「伽椰子」との対決が描かれた『貞子vs伽椰子』が公開となる。

小説が発表されたのが1991年。25年たった現在でも人気は衰えるどころか、まだまだ増殖し続ける感があるリングワールド。そのブレイクのきっかけは、'98年1月公開の映画『リング』であることに異論はないだろう。
さらに、'99年1月に『リング~最終章~』として連続ドラマ化したことで、一躍Jホラーブームの火付け役となったのも間違いない。

荒木飛呂彦も絶賛した2時間ドラマ版『リング』


では、そのブーム以前の'95年8月に2時間ドラマ化していたことはご記憶だろうか? フジテレビ系の『金曜エンタテイメント』枠で『リング~事故か!変死か!4つの命を奪う少女の怨念~』というタイトルで放送されている。

サブタイトルのせいか、よくある2時間ドラマ臭が漂っているが、これが実は傑作だった。原作である鈴木光司の小説にもっとも忠実な作りであり、『ジョジョの奇妙な冒険』の作者、荒木飛呂彦ももっとも怖い『リング』として上げるほどに……。
'99年に連続ドラマ化した際には、人気のあおりを受けてビデオを再リリース。タイトルは『リング完全版』とあらためられている。

必要以上にヌードシーン多めの仕上がり