90s

宇梶剛士の最強伝説に迫る! 日本刀で斬られたことも…!?

17歳で構成員2,000人を抱える暴走族「ブラックエンペラー」の総長となる。

高校を中退した宇梶は暴走族でケンカに明け暮れるすさんだ日々を送っている。
ヒロミがバラエティ番組で「僕らがガキだった頃、とんでもなく有名だった人」「怖すぎて近づけなかった」と語るのはこの時期のことだ。

加入早々に単身本部に乗り込み、いきなり総長の座を奪おうとしたのだから、もうマンガの世界そのもの。しかも、その場に居合わせた奴ら全員を片付ける自信があったというのだから恐ろしいにも程がある……。
その場は当時の総長になだめられたが、1年も経たぬうちに東京はおろか、関東一円に「宇梶」の名は広まったという。先代の総長引退に伴い、満場一致で新参者の宇梶が新総長に就任したのだから、そのカリスマ性は本物。この頃の集会にはバイク600台で1200人、車100台で400人は集まっていたそうだ。
17歳の宇梶はここから勢力を拡大、構成員は最終的に2,000人にまで膨れ上がっている。

もはや都市伝説!? 真偽不明な武勇伝の数々


自伝には、当時は「およそ人間のすることではない、冷血で非道な抗争劇が新聞にもとり沙汰されるようになっていた」とある。
さすがに、この辺りの詳細を本人が語ることはない。しかし、真偽不明の都市伝説は数多く存在している、
「ケンカ相手を簀巻きにして湖に沈めた」「ケンカ相手の顔面をエンジンで焼いた」「70kgほどある原チャリを川にぶん投げた」「日本刀で斬られた」などなど、あの柔和な笑顔の裏には、物騒すぎる過去が秘められているようである……。

宇梶剛士がシリアスな演技で見せる圧倒的な存在感には、リアルな修羅場をくぐってきた凄みを感じずにはいられない。
今や、腹筋マシン『ワンダーコア』のCMが代表作になってしまった感があるが、ぜひスクリーンでもその凄みを感じたいものである。

※イメージ画像はamazonより不良品 (ソフトバンク文庫)

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「宇梶剛士の最強伝説に迫る! 日本刀で斬られたことも…!?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    宇梶さんは伝説。現在でも「関東連合」は有名だが、当時ブラックエンペラーと言えば最強の暴走族。そのブラックエンペラーとルート20そしてスペクター(ヒロミさんが入っていた)が作り上げたの関東連合。

    11
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年6月18日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。