review

WWE殿堂入りを果たしたスタン・ハンセン「首折り事件」の真相は、もはやタブーではない

2000年11月の引退以前、日本で最も有名な“ガイジン”と言えばスタン・ハンセンで決まりだった。“ガイジンレスラー”ではなく、全ての業界で活躍する“ガイジン”を見渡しても、ハンセンこそが日本で一番有名な存在であったのは間違いない。
ハーリー・レイスのようなゆったりテンポの“NWAスタイル”がオーソドックスであった時代に、スピーディなスタイルを持ち込んだハンセン。1980年前後に突如出現したニューウェーブであった。
(※画像は『不沈艦伝説 スタン・ハンセン DVD―BOX』ポニーキャニオンより)

プロレスファンによくある身内びいきではない。エリック・クラプトンやレオナルド・ディカプリオよりも国内での知名度は間違いなく上だったし、ビートたけしの「コマネチ!」と同レベルでハンセンの「ウィー!」は日本人に浸透していた。阪神タイガースにランディ・バースが入団した頃、バースは「スタン・ハンセンによく似ているね」と頻繁に言われていたという。

逆に、ハンセンの祖国であるアメリカでの知名度はどうなのか? 日本マット界ではスタン・ハンセン&ブルーザー・ブロディによる「超獣コンビ」が猛威を振るったが、この2人の凄さを日本人ファンから讃えられた引退後のハンセンはこう答えている。
「アメリカには我々と真正面からぶつかるようなレスラーがいなかったから、私はアメリカでは“まあまあ”だったのかな(笑)」(「KAMINOGE」vol.49より)

本人も認めるように、日本を主戦場にするハンセンのアメリカでの評価は“まあまあ”。スタン・ハンセンこそ、究極の「ビッグ・イン・ジャパン」。内心そう思っている日本のファンは、実際のところ多かったと思う。

スタン・ハンセンは、決して「ビッグ・イン・ジャパン」ではない


この記事の画像

「WWE殿堂入りを果たしたスタン・ハンセン「首折り事件」の真相は、もはやタブーではない」の画像1 「WWE殿堂入りを果たしたスタン・ハンセン「首折り事件」の真相は、もはやタブーではない」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク