bit

海水魚と淡水魚が一緒に泳ぐ不思議な水槽があった

先日、とても不思議な水槽を見た。なんと、カクレクマノミと金魚が一緒に泳いでいるのだ。

海水魚と淡水魚が一緒に泳ぐ不思議な水槽があった
金魚、カクレクマノミ、レッドソードテールが一緒に泳ぐ水槽


カクレクマノミといえば、映画『ファインディング・ニモ』の主人公に似ていることでも有名な“海水魚”。一方、お祭りでもおなじみの金魚は“淡水魚”。普通に考えれば、海水魚と淡水魚は一緒に泳ぐことはできない。それがなんとも気持ちよさそうに仲良く泳いでいるのだ。

海水魚と淡水魚を同じ水槽で飼育できるわけ


この不思議な水槽があるのは、「箱根園水族館」。海抜723mという日本で一番標高が高いところにある海水水族館だ。

海水魚と淡水魚が一緒に泳ぐ不思議な水槽があった
自然豊かな芦ノ湖畔にある。駿河湾からくみ上げた海水をタンクローリー車で毎日運んでいる


不思議な水槽の中身は、「好適環境水」という魔法の水。いったいどんな水なのか? 箱根園水族館の飼育担当である島本大樹さんに話を聞いた。

「好適環境水は、“好適環境水の素”という白い粉末を真水に溶かしてつくります。スポーツドリンクをものすごく薄くした感じで、ほんのりしょっぱい。人間も飲めますよ。塩分濃度は、魚の体液の濃度に合わせて約1%。海水魚も淡水魚も体液の濃度はほぼ同じです」(島本さん)

魚には本来、浸透圧調整機能がある。浸透圧とは、水が薄い方から濃い方へ向かう作用のこと。海水の塩分濃度は約3%なので、海水魚の場合はまわりの水のほうが濃く、そのままでは体内の水分が奪われて干からびてしまう。一方、淡水の塩分濃度はほぼ0%なので、淡水魚には水分が入り込んで水ぶくれしてしまう。そうならないために浸透圧調節機能を働かせるのだが、好適環境水内ならその機能をほとんど使わずにすむ。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年6月18日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。