90s

『ポケモン』で体調不良者続出! 数百人を病院送りにした「ポケモンショック」を振り返る

「テレビを見るときは部屋を明るくして離れてみてね」

子供向けのテレビアニメ冒頭でよく見るこのテロップ。表示されるようになったのは、1997年以降のこと。それ以前は存在しませんでした。
登場するきっかけとなったのは、1997年12月16日にテレビ東京で放送されたアニメ『ポケットモンスター』での出来事。いわゆる「ポケモンショック」と呼ばれる事件により、上記の注意勧告は半ば必須となったのです。

社会現象になったポケットモンスター


1996年に第一作目となる「赤」と「緑」が発売されて以来、日本はおろか世界的人気ゲームとなっているポケットモンスターシリーズ。累計販売本数は2億6000万本以上。玩具、カードゲームなどを含めた市場全体の総売上額は累計で4兆円超という、ドル箱コンテンツなのはご存知の通りです。

特に、第一作目発売時の反響は凄まじいものでした。当時の子供たちにとって通信ケーブルと「赤」or「緑」のカートリッジ挿入済みゲームボーイは必携品。それはゲットしたポケモンを友人間で交換するためであり、あの頃は、誰もが151体コンプリートの「ポケモンマスター」を目指していたのです。
また、「ピカチュウ カイリュー ヤドラン ピジョン…」と、ひたすらリズムに乗せてポケモンの名前を羅列していくCD『ポケモン言えるかな?』もゲームと共に大ブレイク。この歌をどれだけ詰まらずに歌唱できるかが、小学校内でのステータスとなっていたため、皆、経文のように唱えて暗記していました。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク