bit

関西のたまごサンドはなぜ「オムレツ」を挟むのか

       
関西の喫茶店で卵のサンドイッチを注文したら、他地域の人が驚いた……というのは、よく聞く話。なぜなら関西の「卵サンド」は、2種類あるからだ。

ひとつはゆで卵を潰してマヨネーズなどで和えた、卵サラダを挟むタイプ。これはコンビニなどでもよく見かけるスタンダードなものだ。それにくわえて関西ではオムレツ風の卵焼きをパンに挟み込むタイプを出す店も多い。

昔から喫茶を経営しているお店では、卵サンドといえばオムレツ風が当然、という。なぜかと聞いても「昔から」とのこと。確かに京都、大阪には卵サンドの名店と呼ばれるお店が多いのである。

関西の人は「分厚いもの好き」


なかでも数年前に惜しまれつつも閉店した京都の「コロナ」という喫茶店の卵サンドは、厚み10センチ近く。この卵サンドのために行列ができるほど圧倒的な人気を誇り、今では後継のお店がこの味を守り続けている。
そんな京都だけでなく大阪・神戸などでも、卵サンドといえば厚いオムレツや、時にはだし巻き卵を挟んだ卵サンドが登場する。

実は京都はパンの消費量日本一番、神戸や大阪は喫茶店文化が根強く、そして全体的に関西の人はボリュームのあるものが好まれる。食パンでも4枚切り、5枚切りの厚さを好む「分厚いもの好き」の文化のせいかもしれない。

ふわふわのパンに、溢れんばかりの分厚い卵焼きを挟み込む。一見くどく感じられるが、意外にその味わいは癖になる。

厚いものをつくるなら、卵はたっぷりと


あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年6月24日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。