90s

今井絵理子は「男運」に難アリ? 175R・SHOGOとデキ婚&スピード離婚の過去

「初ライブと同じような気持ち」

6月22日。有楽町で行われた初の選挙演説を終え、マスコミに対し、このように発言した自民党比例代表候補の今井絵理子。
何ともメディア受けする一言ではないでしょうか。短く簡潔で、そして何よりも世間が自分に何を求めているか、明確に把握していないと出ないコメントです。やはり、SPEEDとして小6の頃から芸能活動に従事してきた彼女のこと。カメラが回っている時の勘や冴え、サービス精神は、そこら辺の新人候補者よりも持っています。そう考えると政治家向きなのかも知れません。

SPEEDとして一時代を築いた今井絵理子


今年の2月9日。立候補を表明した時点から、もう何度も彼女のプロフィールがテレビ・新聞で紹介されていますが、改めて、サラッと経歴をおさらいしたいと思います。
今井絵理子は沖縄出身の現在32歳。彼女がはじめてメディアに登場したのは、1996年。アイドルグループ・SPEEDの一員として、デビューしたときです。『STEADY』『Go! Go! Heaven』『White Love』『my graduation』などヒット曲を連発した同グループ。
その中で絵理子はボーカルを担当。同じ歌唱担当で、突き抜けるようなハイトーンボイスの島袋寛子とは対照的に、情緒豊かな歌声で楽曲の骨子を支えました。

2004年に、175R・SHOGOと「できちゃった結婚」するも…


SPEED解散後は、ソロ活動に専念していた絵理子でしたが、2004年5月、一つの転機が訪れます。ロックバンド175R(イナゴライダー)のボーカル・SHOGOとの結婚です。この時、彼女は妊娠5ヶ月目。つまり「できちゃった結婚」だったわけです。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク