2016年7月3日、サンフレッチェ広島所属の日本代表FW・浅野拓磨が、イングランドの強豪・アーセナルFCに完全移籍を果たしました。
昨シーズン、Jリーグで32試合に出場し、8得点を挙げて頭角を現したばかりの若き才能に届いたまさかのオファー。スピードに乗ったドリブルと鋭い得点感覚により、アーセン・ヴェンゲル監督から「才能にあふれた若きストライカー」と高く評価されて、合意にいたったようです。

この浅野のように、日本人がヨーロッパのビッグクラブから引き合いを受けることは、今となっては珍しくありません。2011年に長友がインテル、宇佐美がバイエルン・ミュンヘン、12年には香川がマンチェスター・U、13年には本田がACミランに移籍し、今期も、清武がスペインの強豪・セビージャのユニフォームに袖を通しています。

稲本潤一、伊藤翔、宮市亮…。アーセナルを通り過ぎていった日本人たち


浅野の所属先となったアーセナルにも、かつて日本人選手が籍を置いていました。稲本潤一、宮市亮の2名です。さらに、現在、横浜F・マリノスに所属する伊藤翔も、高校生の時にトライアウトを受けて話題となっています。全員、浅野同様、将来を嘱望された若者でした。
しかし、このプレミアリーグ屈指の強豪とは全くといっていいいほど縁がなく、皆、格下のクラブへと去っています。このことを鑑みるに、浅野の移籍を手放しに喜んで良いものか、疑問が残ります。

アーセナル、数多くの育成失敗例も