90s

稲垣吾郎と破局したことが原因? 消えた女優・宝生舞

彼女の女優としてのキャリアは古く、1993年、TOKIOの長瀬、浜崎あゆみ、菅野美穂など、後に一線級となるタレントたちを多数擁した、テレビ朝日放送のドラマ『ツインズ教師』に出演したところからスタートします。当時、まだ16歳の高校2年生。あどけない表情の中にどこか憂いを帯びた雰囲気を漂わせる、ミステリアスな美少女といった佇まいでした。

『ショムニ』で全国区の人気を得た宝生舞


女優デビュー以降、順調にドラマ出演などでキャリアを重ねていき、1998年、『ショムニ』メンバーに抜擢されます。ここで彼女が演じたのは、主人公・江角演じる坪井千夏の幼馴染・丸橋梅。頭脳明晰で上昇志向、超がつくほど生真面目、それでいてどこか愛嬌のあるキャラクターは宝生のイメージと重なる部分も多く、これが当たり役となり、全国的な人気を手にするのです。
このときでも、21歳。確かな演技力と美貌を兼ね備えた有望女優の将来は、明るいはずでした。

稲垣吾郎とのパリ旅行が激写された宝生舞


そんな彼女に一つの転機が訪れます。SMAPの稲垣吾郎との破局です。もともと、1996年に舞台で共演したのをきっかけに交際していたという2人。同年6月には写真週刊誌『Friday』に3泊5日パリ旅行をすっぱ抜かれています。
成田空港での待ち構えていたFriday取材陣に対して稲垣は「テレビの収録の合間に5日間、休みがあったんで友達と…ね。ボクはこういう立場だからある程度、撮られても仕方がないけど彼女は可哀想だから」とコメント。“友人”としての宝生の気遣う発言ですが、激写されたリゾートホテルのプライベートビーチでくつろぐ姿やコンパクトカメラでお互いを撮影し合う様子などは、どこからどう見てもカップル。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年7月17日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。