90s

みのもんた司会の番組 出演者が自殺・遺書の中で「やらせ」暴露も


やらせ疑惑が幾度となく持ち上がりながらも、決定的な証拠がないため放送され続けていた『愛する二人 別れる二人』でしたが、最悪のカタチでその事実が発覚します。番組に出演していた一般女性が自殺した際に、発見された遺書の中に「やらせ」があったことを書き残していたのです。自殺した女性は未婚でした。
この事件を機に、番組の腐敗ぶりは白日の下に晒され、フジテレビ内部からも「社会的にあまりにも問題がありすぎる」としてあえなく打ち切りに。後日談によると、制作に関わっていた人間だけでなく、司会のみのもんたも事実の捏造を知っていたといいます。
それから17年の時を経た現在。同局のやらせへの黙認体質は果たして改善されているのでしょうか。
(こじへい)

※イメージ画像はamazonより敗者の報道

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年7月21日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。