今から150年ほど前の1868年4月。徳川太平の世を司るシンボル・江戸城が、明治新政府に明け渡されました。700年近く続いた武士の時代が名実共に終わりを迎え、新時代がスタートした瞬間です。城内に入城する新政府軍。彼らが真っ先に捜したもの。それは幕府が所有しているはずの御用金でした。金360万両、現在の貨幣価値にして200兆円という破格の資産です。
ところが、金蔵は空。他の場所もくまなく当たってみましたが、いくら探しても見つかりません。それから10数年、この幻の御用金を巡って様々な考察が為された後、群馬県・赤城山中に埋められているとの噂が流れます。以降、数多くの人によって発掘が試みられたものの、時代が明治、大正、昭和に移り変わっても大した成果は得られず、いつしかこの通説は人々の記憶から忘れ去られていきました。

糸井重里を発起人として、発掘に向けたプロジェクトチームが結成


時はさらに流れて、1990年代初頭。徳川埋蔵金発掘は、テレビ番組のプロジェクトによって再び、脚光を浴びることとなります。企画が組まれたのは、先日逝去した大橋巨泉がMCを務めたTBSのエンターテイメント番組『ギミア・ぶれいく』。バラエティーとドキュメンタリーを主軸とした、火曜・ゴールデンの2時間番組でした。
コピーライターの糸井重里を中心に発掘チームが結成され、バブル期のテレビ局ならではの莫大な資金をもって実施されたこのプロジェクト。作業開始にあたって、番組は「水野家」という祖父・父・子の三代に渡って埋蔵金の発掘に挑戦する一族と手を組みます。