90s

スポンサーを激怒させて番組降板! 『トゥナイト2』名物リポーターの悲劇

スポンサーを激怒させて番組降板! 『トゥナイト2』名物リポーターの悲劇
90年代を代表する深夜番組だった『トゥナイト2』。
政治、経済を扱う社会派リポートから、深夜ならではのお色気企画まで、硬軟織り交ぜた幅広い内容で安定した人気を誇っていたテレビ朝日系の情報バラエティ番組だ。前身の『トゥナイト』から足掛け21年に渡って続いた長寿番組でもある。
長い歴史の中では生放送ならではのハプニングが色々とあったが、中でも、失言でリポーターが番組を降板させられてしまった事件が思い出深い。

乱一世の「CMのうちにトイレへどうぞ」発言でCMスポンサー激怒


騒動を起こしてしまったのは、軽妙なトークを武器に主に“夜のリポート”を得意としていた乱一世。
事の発端は、CMに入る直前のコーナー予告にあった。

「今日のネタはちょっとやそっとじゃ見られません。親類縁者にも電話してください!」
ここまでは、よくある大げさな前フリだったのだが、続けてのひと言が問題となってしまう。
「2分間だけ、皆さんに猶予を与えたいと思います。トイレに行かれる方はトイレへ。この2分間に行かないと大変なことになりますね」

民放放送はCM収入で成り立っているのは周知の事実。CMスポンサーあってこその番組なのに、その存在をないがしろにする発言をしてしまったのだ。生放送なだけに、編集も効かない。
直後に、乱自身も事の重大さに気付いてCMの後に謝ろうとしたそうだが、現場スタッフは「乱さんのキャラクターだから大丈夫だろう」と、タカをくくっていたという。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「スポンサーを激怒させて番組降板! 『トゥナイト2』名物リポーターの悲劇」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    何書いてんだコイツ…別に乱が居ない2年で何も困らなかったろ、番組も乱のリポート必要としないものになってるだけ。岸部シローが昼番組復帰しないのなんで?とか言うレベルで需要がないから。

    6
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年7月31日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。