90s

藤原竜也の“絶叫芸”の原点! 映画『バトル・ロワイアル』の衝撃

今や、日本一「絶叫の似合う男」と名高い藤原竜也。
近年は、悪党やダメ人間役を熱演する機会が多く、追い込まれた状況からの魂の叫びは、もはや名人芸の域である。藤原主演となれば、理不尽・不条理な世界でもがき苦しむ姿に期待せずにはいられないほどだ。現在放送中の日本テレビ系ドラマ『そして、誰もいなくなった』でも、毎週悲痛な叫びを上げ続けている。
その絶叫の原点となるのが、2000年12月公開の映画『バトル・ロワイアル』。社会問題にもなった衝撃作である。

林真理子や荒俣宏も凄惨すぎる原作の内容にドン引き!


強制参加とはいえ、中学生同士が殺し合いをする内容の『バトル・ロワイアル』。高見広春の同名小説が原作だ。
元はといえば、97年の第5回「日本ホラー小説大賞」応募作。最終選考にまで残ったが、あまりに凄惨な内容に審査員が一様に否定的コメントを残す形で落選となっている。

荒俣宏「42人の生徒が一人一人殺し合う構成というのは、やっぱりちょっと問題がありすぎるんじゃないかって思います」
林真理子「いくらホラーで面白くても、こういうものを書いちゃいけないんじゃないかなと思います」

しかし、衝撃的なストーリーと高い娯楽性が出版関係者の間では評判に。それを受け、太田出版から99年4月に発行となった。サブカル系で有名な太田出版だが、有害図書指定を受けた『完全自殺マニュアル』や、神戸連続児童殺傷事件の加害者である元少年Aの著作『絶歌』など、問題作も積極的に発表する姿勢の出版社である。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク