90s

大ブームとなった「パワースポット」の意外な誕生経緯

ここ数年、パワースポットを巡る旅がブームになっている。
運気アップ、縁結び、祈願成就、就職祈願、商売繁盛などの御利益を求めて、多くの人がこぞってパワースポットを訪ねている。若い女性のみならず、今や経営者や自営業者にも人気だという。

世界中、国内各地に点在するパワースポットは、読んで字のとおりパワーをもらう場所、パワーがわく場所というイメージで、和製英語であることからも日本発の言葉であることがわかる。そもそも「パワースポット」は何なのか、いつから存在したのだろうか。

「パワースポット」はいつ誕生したのか?


パワースポットは、アメリカ発の「ニューエイジ・スピリチュアルブーム」が日本に上陸し、精神世界を探求する人々たちの間に徐々に広まり始めた。さらに、2000年代にスピリチュアルブームが起きて、パワースポットが雑誌などで頻繁に取り上げられるようになり、浸透していった。

日本でも古来より、人々は山や川、大地、湖など雄大な自然を崇拝し、自然から力を得ようという試みはあり、多くの人がお寺や神社を詣で、心の拠りどころとしていた。
また、江戸時代には、清浄かつ神聖な場所、神や仏がやどる場所、植物が育つ特別な場所を「いやしろち(=いい土壌)」と呼んでいたのも、パワースポットに近い意味合いだったといえそうだ。


「パワースポット」を生み出した元祖・超能力少年


では、「パワースポット」という言葉を初めて使ったのは誰なのだろうか? それは、元祖・超能力少年として脚光を浴びた清田益章氏である。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク