90s

製作されて10年後に突如ブレイク! 松平健が唄い踊った「マツケンサンバII」

製作されて10年後に突如ブレイク! 松平健が唄い踊った「マツケンサンバII」
タレントというのは老境に達するほど、一種の“照れ”が出てくるものです。
例えば、ある若手芸人がいたとして、彼が売れるきっかけとなったギャグがあったとします。その後はトークに司会にと大活躍。いつしかベテランと呼ばれるようになり、大河ドラマやヒューマンドラマ系映画の端役を務めたりもします。
そんな折に、招かれたトーク番組で昔のギャグをやるように要求されたら……。持ち前のサービス精神から、やるにはやるでしょう。けれど、昔のように全力ではありません。やり終わった後には照れくさそうな目をしてはにかんで見せるのでしょう。

この現象は、もちろん芸人だけに限りません。特に役者となると、これまで築き上げてきたイメージに反するような役柄を出来なくなる場合も多いのが実情です。
そういった意味で、松平健は類稀な役者といえるでしょう。50歳を超えた硬派な時代劇俳優が、スパンコールを散らしたような金色キラキラの着物に身を包み、顔面白塗りのちょんまげ姿でサンバのリズムで踊り狂ったのです。今考えると、よくやったなと思わざるを得ません。

当初ファンは困惑…松平健のイメージと違う曲調


松平健がデビューしたのは、1972年のこと。石原裕次郎に憧れて、芸能界入りを決意したそうです。74年には勝新太郎が主宰する勝プロダクションと契約。
勝の付き人を務める傍ら、映画『座頭市物語』や昼ドラ『人間の條件』に出演し、徐々にキャリアを積んでいきます。1978年には代表作となる『暴れん坊将軍』がスタート。8代将軍徳川吉宗は彼最大の当たり役となりました。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月15日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。