90s

中学生がパンを喉に詰まらせて死亡…「大食いブーム」を終焉に導いた事件

同番組にTBSがインスパイアを受けたのは、放送される競技の類似性からも明らか。出場する選手もほとんど流用するという、パクリと糾弾されても仕方のない内容でしたが、2つの番組は持ちつ持たれつのような関係性を保ちながら、「大食い」の社会的地位確立に貢献。

さらに日テレで野島伸司脚本・草なぎ剛主演の『フードファイター』なるドラマまで放送され、21世紀最初の1年は空前の大食いブームとなったのです。

給食の時間にパンの早食い対決をした結果…


社会現象となった大食いでしたが、2002年、突如として終焉の時がやってきます。きっかけとなったのは、愛知県のとある中学校で起こった死亡事故。男子学生が給食で出されたパンを喉に詰まらせて、窒息死してしまったのです。
事件当初、なぜ男子学生がそのような死に方をしたのか、学校側は不明としていました。しかし警察が捜査を行った結果、テレビで放送されている大食い番組のマネをしてクラスメートと早食い競争したために起こった事故だと判明します。

もともと、「食べ物を粗末にし過ぎ」など批判も多かった大食い番組でしたが、この一件が決定打となり、各局で放送自粛が決定。『フードバトルクラブ』、『TVチャンピオン 全国大食い選手権』、『TVチャンピオン全国早食い選手権』いずれも、2002年の春からぱったりとテレビで見ることはなくなってしまいました。

大食い=神に許された者だけができる競技?


その後、 TVチャンピオンの大食い選手権は、『元祖!大食い王決定戦』として2005年に復活。安全性やモラルを大切にする目的で「大食いは健康であれ」「早食い厳禁」「食べ物に感謝を」という「大食い3ヶ条」なる条項を自主的に作成。番組の最初に説明し、健全な企画であることを宣誓しています。
また、ゲストして招かれた片岡鶴太郎は「大食いは神に許された者だけができる競技」とも発言。神に許された者……つまり、選ばれし者しかできない大食いを、一般人が安易に真似するな、と言いたいわけです。

そう考えると、本記事冒頭に紹介した「神の領域に…!」という煽りも、非常に的を射ているのかも知れません。最も、より分かりやすいカタチで注意勧告した方が良かったのですが……。
(こじへい)


元祖!大食い王決定戦 其の一 ~新時代の幕開け~ [DVD]

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年8月19日の90s チョベリー記事
「中学生がパンを喉に詰まらせて死亡…「大食いブーム」を終焉に導いた事件」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    大食いなんて見ても嫌悪感しか抱かない誰得だから、そもそも持て囃されたこと自体が異常。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース