bit

西郷さんも履いていた「足半」は昔の日本の叡智が詰まった一品だった

最近、足が痛い、足がだるい、という人が増えてきているらしい。

現代人は足が崩れてきているのではないか、足が歪んでいるのではないか……と気がついたのは、整体師の松田さん。患者さんの足に触れるたび、現代人の足に危機感を抱いていたところ、「足半という履き物に出会いました」という。


大人用でもかかとが飛び出すサイズ


足半の読み方は「あしなか」。種別でいえば草履なのだが、特徴はその大きさだ。
西郷さんも履いていた「足半」は昔の日本の叡智が詰まった一品だった
掌に乗りそうなくらい、小さくて可愛らしい足半。

写真の通り、大人用でも長さ10センチ、幅は9.5センチほど。一見すると、子供用? と思ってしまうかわいらしさだが、この大きさで正真正銘、大人用。

もちろん、履けばカカトが外にとびだし地面につく。でも、これが正解。鎌倉時代から戦後まで日本で履き続けられた草履で、江戸時代には飛脚が履いて走っていたという記録もあるそうだ。上野恩賜公園の西郷隆盛像もよくよく見てみると、この足半を履いている。残された少ない資料をもとに、一年をかけて松田さんが現代に足半を復元した。

大きさが足の半分ほどしかないので、履きにくそうに見えるが、実際は足にぴったりと密着し、動きやすい。どんなに動く場所でもバランスを取れることから、船の上で作業をする人、農作業をする人、また、戦場で激しく動き回る武士たちに好まれたのだそう。

昔の日本人に愛されてきた足半だが、現在は長良川の鵜飼い伝統の履き物として履かれているくらいで、ほぼ消えて無くなってしまった。
その理由は、靴の存在だ。現代社会において、草履や下駄の日常履きはすっかり影を潜めてしまった。それと同時に、足半も姿を消した。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「西郷さんも履いていた「足半」は昔の日本の叡智が詰まった一品だった」の みんなの反応 1
  • とぴたぴ 通報

    履いてみたい! 西郷隆盛との関係も知りたいです。

    1
この記事にコメントする

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月20日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。