review

映画「青空エール」高校野球と吹奏楽部のミラクル

作新学院が54年ぶりの優勝を飾った夏の甲子園。大会閉幕とともに夏の終わりを感じる人も多いはずだ。今年はリオ五輪もあってもうひとつ甲子園に熱中しきれなかった、という人もいるかもしれない。

そんな人にお勧めしたいのが先週20日から公開された映画「青空エール」だ。「高校野球×吹奏楽」を描いて人気を集め、今年完結した同名マンガを原作に、「まれ」の土屋太鳳、「仮面ライダードライブ」の竹内涼真の主演で実写映画化された。
映画公開に先立ち、『青空エール映画化スペシャル(SHUEISHA Girls Remix)』も発売中

この映画の見どころ・聴きどころについて、原作に引き続き映画でも吹奏楽部監修を担当した「高校野球ブラバン応援研究家」梅津有希子さんに話を聞いた。

高校野球と吹奏楽部が強い学校はとても似通っている


───梅津さんは今夏、『高校野球を100倍楽しむ ブラバン甲子園大研究』を上梓するなど、高校野球の応援演奏について奥深い世界を発信しています。『青空エール』の監修を務めることになった経緯は?

梅津 『青空エール』というコミックスに関しては、もともと河原和音先生がご自身で発案されて描かれたもの。そのモデルとなったのが、私の母校である札幌白石高校の吹奏楽部だったんです。たまたま私がそこの吹奏楽部出身で、作品が世に出てから「もし何かお役に立てれば」と関係性ができ、連載開始3年目くらいから監修として関わらせていただくようになりました。

───野球マンガは年々、細分化されていくなかで、「高校野球×吹奏楽」で来たか!と新鮮な驚きがありました。

この記事の画像

「映画「青空エール」高校野球と吹奏楽部のミラクル」の画像1 「映画「青空エール」高校野球と吹奏楽部のミラクル」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク