90s

当時14歳の奥菜恵も出演 圧倒的な映像美が光った岩井俊二作品

夏休みをテーマとする映画は数多く存在する。その中でも名作にあげられるのが岩井俊二による『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』であろう。

とある地方都市で行われる花火大会をテーマに、小学生たちの淡い恋や、成長といった要素が“夏休みの1日”に盛り込まれた名作映画だ。
この作品は1995年に劇場公開されたが、それに先がけて1993年にフジテレビのオムニバステレビドラマ『ifもしも』の中で放送されている。この作品がオンエアされるにあたってはいくつかの偶然が作用することになった。

オンエアが一週間前倒しになったドラマ


当初、ドラマの放送予定日は9月2日であり、8月26日には「誘拐するなら男の子か女の子か」の放送が行われるはずだった。
だが、8月10日に山梨県の信用金庫で誘拐殺人事件が発生したことにより、誘拐をテーマとするドラマは放送中止となり、『打ち上げ花火〜』のオンエアが一週間前倒しとなる。これにより、作品の世界に同じく、夏休みの終わりに放送がなされることになった。

さらに、放送当日は関東地方に台風11号が接近していた。そのため帰宅を急ぎ、家にいた人間が多かったことから視聴率が上昇し、14%を記録した。これは当時のテレビ業界の感覚でいえば及第点といったところである。
裏番組は、巨人戦のナイター中継(日テレ)、島田紳助、徳光和夫の豪華タッグによるクイズ番組『ダウトをさがせ』(TBS)など強力な布陣だったにもかかわらず、この数字。当時はまだ無名だった新人監督の作品としては驚異的な数字といえよう。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク