90s

両親は音楽家! 歌手としても活躍した高橋克典

両親は音楽家! 歌手としても活躍した高橋克典
(※写真はイメージです)
高橋克典といえば、数々の有名作品に出演してる役者であるが、実は歌手としてもいくつかの作品を残している。

俳優より音楽デビューの方が先だった


両親を音楽教師に持つ高橋は、13歳でバンドをはじめた。そんな高橋は1993年、「抱きしめたい」で歌手デビューを果たしている。
当時の高橋は音楽色が強く、「一生、歌ってられたいいな」としつつ、「よくできたと思うことは、まだ一度もない。考えてきたことの2割ぐらいしかできてない」と語っている。また、「レコーディングやってるときは、演技なんて一生やらないと思うけど、ドラマやってると『歌やめちゃってもいいかな』なんて」と、役者と歌手業の間で揺れ動いているかのような発言も残していた。

『ポケベルが鳴らなくて』に出演


そんな高橋は歌手デビューの同年、『ポケベルが鳴らなくて』に出演。本作は高橋にとって、初の連続出演となる。緒方拳演じる水谷が29歳年下の保坂(裕木奈江)と不倫関係に落ち、ゆくゆくは水谷の家庭が崩壊していくという内容。高橋は、妻子ある水谷に恋人を奪われ、復讐のため、その娘に近づくという役柄を演じた。

学園祭での音楽活動の日々だった


『ポケベルが鳴らなくて』に出演したものの、高橋はまだ無名であった。そのため、ドラマ終了後も高橋は、女子大の学園祭でコンサートをするなど、しばらく歌中心の活動を続けたという。

梅宮辰夫を頼らなかった高橋克典


ところで高橋といえば、梅宮辰夫と親戚である。しかし、高橋は梅宮を芸能活動をする上で頼らなかった。1999年の「サラリーマン金太郎」で一気にブレイクし、「特命係長 只野仁」で梅宮との共演を果たした高橋。きっと梅宮も誇らしかったに違いない。
(ぶざりあんがんこ)


※イメージ画像はamazonより高橋克典 ドラマ主題歌カバーアルバム(仮) (ミニアルバム)

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年11月2日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。