芸能人の不倫ネタが続いている今年。人気がある芸能人は、時に同情票が集まり、時には反発が数倍にもなる。特に不倫発覚後の対応次第で、干されるか味方を増やすかが決まるともいえる。

月収約1億?山田邦子の全盛期


一時期、バラエティ番組で毎日のように見かけた矢口真理もベッキーも、不倫発覚後は表舞台への完全復帰を果たしていない。しかし矢口やベッキー以前に、同じく不倫問題で視聴者から反感をかい、テレビからすっかり干されたのが、山田邦子である。

山田邦子は1981年のデビュー以降、80年代から90年代前半にかけて女優、お笑い、モノマネ、司会などで大活躍した。ビートたけし、明石家さんま、島田紳助らの人気を決定づけた伝説の高視聴率お笑いバラエティ番組『オレたちひょうきん族(フジテレビ系)』に女性芸人として唯一レギュラー出演し、自分のコーナーももっていた。
その後も、人気番組に起用され、『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ(フジテレビ系)』など、冠番組を増やしていった。1988年から8年連続でNHKの「好きなタレントNo.1」をキープ。1994年は、週14本のレギュラー番組をもつ超売れっ子としてテレビ界に君臨した。

女芸人ブームと言われて久しい現在、久本雅美、大久保佳代子、近藤春菜、柳原加奈子、友近、いとうあさこら、人気の女芸人は何人もいるが、ハシリは邦子であり、“やまだかつてない”人気と支持率をもっていた。しかも、本人がテレビ番組で「最高月収が1億円ぐらいあった」と語っていたようにギャラも規格外だったのだ。