90s

キムタクが元ネタ? 『松村邦洋のオールナイトニッポン』の伝説的コーナー「木村卓球屋」

キムタクが元ネタ? 『松村邦洋のオールナイトニッポン』の伝説的コーナー「木村卓球屋」
人気者の証?ネタにされるキムタク(イラスト:ハセガワシオリ)
今年の一大ニュースといえるSMAP解散をめぐって、ネット上では“ユダタク”の呼称が散見される。これはキムタクをキリストを裏切ったユダになぞらえ命名されたものだ。

ところで、キムタクは国民的アイドルであるゆえ、さまざまなところでネタにされる。その中でも知る人ぞ知る存在が「木村卓球屋」である。略して"きむたきゅ"だ。

友人関係にあったキムタクと松村邦洋


木村卓球屋は、1993年から1999年にかけて放送された『松村邦洋のオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)におけるワンコーナー「木村卓球屋のホップステップスマッシュ」で誕生した。松村が木村拓哉のものまねで、芸能界や社会などに鋭いツッコミ(スマッシュ)を入れるコーナーである。

当時、松村は特攻隊を描いた映画『君を忘れない』で木村と共演し、友人関係にあった。そこで、間近で見た木村のキャラクターを松村は音だけで再現しようと試みる。木村卓球屋の口癖は「すんげぇ、すんげぇ」という強調の繰り返しや、「フハハ」といった乾いた笑いである。
木村は当時から言葉少なげな人物として知られるが、ちょっとした口癖などから木村らしさをつくり上げたのだ。これが実に似ている。松村のものまね芸人としての繊細なセンスがうかがえる。

時事ネタに鋭く切り込んだ「木村卓球屋」


リスナーの間では「スマッシュコーナー」の愛称で通っていたこのコーナーは、芸能人やテレビ番組だけではなく、時事ネタに鋭く切り込むことで知られた。1995年に世間がオウム真理教報道一色にそまった時は、ジャーナリストの江川紹子や、麻原彰晃の弁護を一時期担当していた横山昭二弁護士を積極的にネタにしていった。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「キムタクが元ネタ? 『松村邦洋のオールナイトニッポン』の伝説的コーナー「木村卓球屋」」の みんなの反応 1
  • 夢見る子 通報

    木村拓哉芸能界引退表明して 報道すべてがマイナスこれから先も闇の中

    0
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年9月19日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。