90s

「松井秀喜の最大のライバル」最強助っ人ペタジーニ【プロ野球世紀末ブルース】

「松井秀喜の最大のライバル」最強助っ人ペタジーニ【プロ野球世紀末ブルース】
「オルガを超える打算なしの年上女房など存在しない説」

先日、『水曜日のダウンタウン』を観ていたら、テレビから懐かしい名前が聞こえてきた。ご存知、90年代の終わりから00年代前半にかけてプロ野球選手として活躍したロベルト・ペタジーニの隣にいつもいたパンチの効いた熟女。
オルガ夫人は元々ペタジーニの学生時代の先輩の母親で、25歳年上の姉さん女房である。隙あらばオルガ状態。あまりのイチャつきぶりが話題となり、ヤクルト時代には選手専用バスにオルガ夫人を同乗させたことで物議を醸したこともあったほどだ。
あれだけのオシドリ夫婦として知られた2人もすでに離婚しているらしいという風の噂に時の流れを感じるが、今でも度々「姉さん女房」と言えばネタとして登場するペタジーニは、本業の野球の方では球史に残る本物のスラッガーだった。

ペタジーニが日本に来た理由


1999年、来日1年目の成績は打率.325、44本塁打、112打点、OPS1.146。入団して即ヤクルトの大黒柱として君臨した男は、ゴールデンルーキー上原浩治の涙の敬遠で話題になった松井秀喜(巨人)との激しいタイトル争いを制し、本塁打王と最高出塁率を獲得した。
当時まだ28歳とバリバリのペタジーニ。なぜこのレベルの選手が20代の内に日本に来たのか疑問だが、その来日の舞台裏を元ヤクルト国際スカウトの中島国章氏が自著の中で明かしている。

97、98年と2年連続マイナーリーグMVPを獲得していたペタジーニは、所属していたシンシナティ・レッズではメジャーとマイナーの当落線上にいた選手。マイナーリーガーの安月給から脱却するために、本人が一定の出場機会を求めているという情報を入手したヤクルトスカウトの中島氏が「日本に来たら100%試合で使う。ヤクルトに入ったら毎試合出場できることを約束する」と口説き落としたという。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年9月14日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。