90s

月収2000万から収入ゼロに…有吉弘行の「どん底」時代

月収2000万から収入ゼロに…有吉弘行の「どん底」時代
今や再ブレイクの寵児として、テレビで観ない日はない芸人、有吉弘行。
最近、番組を共演していたフリーアナウンサー夏目三久との交際の噂が浮上して世間を騒がせたのは、恋愛スキャンダルには縁のなかった有吉もいよいよ結婚かと思わせる小さな事件だった。

そんな、今では不動の人気を誇る有吉弘行には有名なエピソードだが、今でもトラウマとなっているらしい「どん底」時代があった。その栄華と凋落の発端となったテレビ番組「進め!電波少年」の猿岩石の大陸横断ヒッチハイク旅行後のエピソードと、再ブレイクまでの経緯を振り返ってみたい。

「進め!電波少年」で大ブレイクした有吉弘行


1996年に人気番組「進め!電波少年」の企画で、半ば強引にヒッチハイクでイギリスまで行くこととなった無名の芸人「猿岩石」は、有吉弘行と小学校からの幼馴染み・森脇和成とのコンビ。
番組の強引な企画の面白さや、予測不能な二人の行動へのハラハラ感もあり、次第に「猿岩石」は注目を集めてゆく。その後無事ロンドンにゴールしたのだったが、その経験を出版した書籍「猿岩石日記」は瞬く間にシリーズ累計で250万部のベストセラーとなった。
その人気は出版だけにとどまらず、秋元康プロデュースによってリリースされた「白い雲のように」など歌でも人気を博し、レコード大賞新人賞も受賞した。

有吉弘行の「どん底」時代


有吉は、ブレイク前は給料5万円だったのが、人気絶頂期には最大月収が2000万円以上にまでなったという。しかし、猿岩石ブームが急速に終焉を迎えると、仕事も人も転がるように減っていき、あっという間に収入が無くなっていったそう。元々無駄使いをしなかったという有吉ではあったが、7000万円程あったという預金残高が減り、4年ほどで月の収入はゼロになったというのだ。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年9月22日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。