bit

満期を過ぎた郵便貯金が払い戻しできなくなる!?

「満期を過ぎてそのまま放置している郵便貯金、ない? 払い戻しできなくなるらしいよ」

ある日、母に言われてビックリした。

新聞に広告が出ていると聞き、見ると、こんな大きな見出しがあった(=写真)。
「お手元に満期を過ぎた郵便貯金はありませんか。ご家族にもご確認ください」
その下にはマンガで「えっ!? 本当なの!?」「そうなのよ」「満期を過ぎた郵便貯金を放っておくとおろせなくなるのよ」という衝撃的なやりとりがある。

満期後20年2カ月経つと権利が消滅


全国どこにもあることから、子どもの頃のお年玉などはそのまま郵便貯金に貯金していたという人もけっこういるのではないか。
自分自身、子どもの頃にちまちま預けた定額や定期預金をすべて把握しているとは思えない。
不安になってよく読むと、「郵政民営化(平成19年10月1日)より前に郵便局にお預けいただいた定額郵便貯金、定期郵便貯金、積立郵便貯金は、法律の規定により、満期後20年2カ月経つとお客さまの権利が消滅し、払い戻しが受けられなくなります」とある。
つまり、郵政民営化前のもので、それも満期後20年2カ月経たないと大丈夫ってこと? 20年なんて気が遠くなるような話だけど……。
これ、結局どういうこと? ゆうちょコールセンターに聞いてみた。

「郵政民営化以前にお預けいただいた定額・定期・積立預金は、満期となった日から20年2カ月経つと、『旧郵便貯金法』の規定が適用され、権利が消滅してしまうことになりました」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク