90s

まさかのFA宣言! 駒田徳広「長嶋巨人を自ら去った男」【プロ野球世紀末ブルース】

巨人を出されるなら、野球を辞めます。

……って無茶苦茶だ。でも、かつて本当にそんな時代があった。1985年オフに定岡正二は近鉄へのトレード通告をされたが、これを拒否。なんと29歳の定岡はそのまま引退してしまった。
82年には15勝を挙げ、このシーズンも47試合に登板していた元ドラ1投手の早すぎる現役引退。多摩川に2万人の女性ファンを集めた伝説を残し、「甲子園のアイドルから巨人のスター選手」というイメージのままで辞めた定岡は、翌年からスポーツキャスターやバラエティタレントとして活躍する。

まだ「元巨人」というブランド力に絶対的な価値があった昭和の話だ。ちなみに86年オフ、ロッテの三冠王・落合博満と巨人のトレード話が進んでいた際に、交換要員として名前の挙がっていた篠塚利夫(後に和典に改名)も「巨人を出されるなら辞めます」と公言。結果的に落合は中日へ移籍することになる。 

巨人の主軸として活躍していた駒田


そんなジャイアンツ・アズ・ナンバーワン時代に自らチームを去った男がいる。93年オフにFA宣言をした駒田徳広である。
桜井商高から80年ドラフト2位で巨人入団(同年1位は原辰徳)。83年のプロ初打席ではいきなり満塁アーチをかっ飛ばす衝撃デビューを飾り、一躍「満塁男」として1軍定着。吉村禎章、槙原寛己らとの「50番トリオ」で人気を博す。87年には初の100試合以上出場、翌88年から背番号10に変更し打率.307を記録。89年の日本シリーズでは「巨人はロッテより弱い」と名言を吐いた加藤哲郎からホームランを放ち、マウンド向かって「バ~カ」と叫んでMVP獲得。それから毎シーズン打率3割、20本塁打前後を記録する主軸打者として巨人を支えた。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク