90s

まさかのFA宣言! 駒田徳広「長嶋巨人を自ら去った男」【プロ野球世紀末ブルース】

駒田、中畑清と不仲に


だが、93年に長嶋監督が復帰してから駒田の立場が大きく変わる。致命的だったのが、新打撃コーチ中畑清との不仲だ。開幕前の3月20日にはオープン戦出場を巡り衝突。シーズン中にも送りバントのサインをきっかけに言い合いになり、「あの場面で2番に打たせて、3番に送りバントをさせる野球がどの世界にあるんですか?」と怒りを露わにする駒田。5月22日にはスタメンを外され、89年から続いていた連続試合出場も450でストップ。
夏場には中畑が駒田の無気力プレーをマスコミを通して批判。広島遠征から戻った駒田は駅のキヨスクで、スポーツ新聞に『駒田トレード』の見出しを見つけて愕然としたという。

ミスターに直談判するも……


これまで多くの「巨人を出されるくらいなら野球を辞める」先輩方を見てきた。俺も終わりか……。間が悪いことに、この93年ストーブリーグからFA制度が導入されることになり、あの落合博満(中日)の巨人FA移籍が噂されていた。
さあどうする? 落合さんのポジションは自分と同じ一塁。駒田は指揮官長嶋の意志を確認しようと再三面会を求めたが叶わず、ついに秋季キャンプ中に外野をランニング中の監督の元に向かい、自身の来季起用法について直談判。
するとミスターは「日本シリーズというビッグイベント前にそういう話はするな。新聞記者にお前と一緒の写真を撮られたら大変だ」と困惑しながら離れて行ったという。

横浜ベイスターズに移籍した駒田

...続きを読む

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年9月21日の90s チョベリー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース